最新のALGS結果はこちら!

ALGS プロリーグスプリット2 概要&変更点まとめ【ALGS Pro League Split2 APAC North】

どうも!こーびーです!

ALGSプロリーグスプリット1が終わり、Apexのシーズンも新しくなったところでALGSもスプリット2がやってきます。

スプリット1から出場チームが一部入れ替わり、さらに変更点などもいくつかあるのでそちらに関してお伝えしていこうと思います!

「ALGSプロリーグSplit2」の出場40チーム一覧はこちらから

「ALGSプロリーグSplit2」 #1-2 結果&まとめ」はこちらから

目次

ALGSプロリーグSplit2出場チーム一覧

※PO=プレイオフ、PL=プロリーグ、PLQ=プロリーグ予選

グループ分けに関してはスネークドラフト方式が採用され左上からプレイオフSplit1での1~4位、1列下がり右から5~8位と続きます。
その次にプロリーグSplit1の21~32位、プロリーグ予選での1~8位と順に続いていきます。

本来出場権を保持していたBAKEMON・Sengoku Gaming・Hybrid Eclipseが不出場のため、プロリーグ予選9位から順に繰り上がりでプロリーグSplit2出場となっています。

Split1から名称変更されたチームは以下の通りです。

Riddle Order→LFT
Neginuki→CYCLOPS
SyS→Root union Gaming
Team Numa→FUNNY LOCO
Mirage eSports→LFT wac
BLUE BEES→FA Kids
Crest Gaming→DAIKIN

中断期間を挟み名称変更や出場チームが変わっておりますので再開前日のチーム一覧表を再掲します。

LFT→αD
456→Riddle456
CTGいぶし銀→IGZIST
Apexers→ALViViD
Ark5→YOSHIMOTO Gaming

プロリーグSplit2日程

2/27 #1-2:B&C,A&D
3/6 #3-4:A&B,C&D
3/13 #5-6:B&D,A&C
3/20 #7-8:B&C,A&D

3/26 #9-10:A&B,C&D
3/27 #11:B&D,A&C

全日程12:00~開始予定
最終日のみ両グループ同時進行で行われます。

試合は各組合せで6試合ずつ行われます。

プレイオフに関しては5月の予定となっていますが、正式に決定されておりませんので情報が出次第追ってお伝えします!

※現在、ウクライナ情勢によりALGSの全てのイベントが一旦延期となっています。日程も大幅に変更されることが予想されますのでわかり次第更新します。

3/9午前にALGS再開が発表されました。

3/12 #1-2:B&C,A&D
3/13 #3-4:A&B,C&D
3/19 #5-6:B&D,A&C
3/20 #7-8:B&C,A&D
3/26 #9-10:A&B,C&D
3/27 #11:B&D,A&C

グループ組み合わせが変更なければこの通りに行われると思います。

Split1からの変更点

マップ追加

Split1ではワールズエッジのみでしたが、Split2からはワールズエッジ・ストームポイントの2マップが採用されることになりました。

長らくワールズエッジのみが競技シーンでは採用されていましたが、ここにきての2マップ採用ということで各チームどのように対応してくるのかが注目です。

ストームポイントの採用に関しては賛否両論がありますが、そろそろ違うマップでも競技シーンを観たかったという声もありどのような感じになるのか楽しみではあります。

しかしストームポイントの特性上、マップが広く高低差が非常に激しいために各チームのレジェンド構成が似たような状況になるという懸念もあります。

各チームの構成もマップごとにどのように変化するのかチェックしていきたいと思います。

プレースメントポイント変更

マップ同様に大きな変更点としてプレースメントポイント(勝ち点)がSplit1から変更されました。

Split1では1試合ごとの順位ポイントと同様の点数がプレースメントポイントにも適用されていましたがSplit2ではこのように設定されています。

Split1に比べ、各順位に応じて細かく設定されています。

例えばSplit1では各日程での成績が11位だと「1ポイントのみ」の付与で、20位は0ポイントで1ポイントしか違いがありませんでした。

今回は中位のチームにもポイントが細かく割り振られているため、1つでも順位を上げることが重要かと思われます。

プレイオフSplit2出場条件

本来、Split2のプレイオフの出場枠に関してはSplit1のプレイオフ(世界大会)の各リージョンの成績によって枠数が変動する予定でした。

しかし昨今の情勢により各リージョンごとでのプレイオフに変更となったため、枠数変動がなくなり各リージョンごとに出場枠が新たに定められることとなりました。

APAC North・NA・EMEAはプロリーグSplit2の上位10チーム、APAC South・SAは上位5チームがプレイオフSplit2への出場枠が与えられます。

現状、予定としてプレイオフSplit2はオフラインでの世界大会が予定されていますが、情勢によりSplit1同様の各リージョンごとのオンラインでのプレイオフが行われる可能性もあります。

期待しすぎるとオフラインでのプレイオフが行われなかったときに辛くなりますが、そろそろ見たいですよね…

あとがき

以上、Split2の概要やSplit1からの変更点に関してお伝え致しました。

出場チームに関しては9チームが新たにSplit2からの出場となり、どのような活躍をしてくれるのか楽しみですね!

グループ分けに関してもSplit1ではGroupAに韓国勢が大集結となっていましたが、今回は各グループ大きな偏りがないように見受けられますね。

正式にグループ分けが決まったことでランドマーク等もここからさらに動く可能性もあり、本番までのスクリムで各チームどのように動いてくるのか注目です。

プロリーグと並行してチャレンジャーサーキットも行われますし、3月は競技シーンが熱くなりそうです!

大会当日もTwitterと併せて結果等更新予定ですので、今後も一緒に盛り上がっていきましょう!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる