Apex Legends Global Series Summer Circuit開催決定!!初戦は6/20・21、日韓対決が実現!

どうも!こーびーです!

5/30にApex Legends Global Series(ALGS)オンライントーナメント第6回の開催の前に大きなニュースが飛び込んできました!

 f:id:kobe24nike:20200528044847p:plain

オンライントーナメント第6回以降は大会の予定が更新されておらず、今後どうなっていくんだろうと思っていたのですが

 

 

公式からこのような発表がありました!!

 

この夏はApex Legends Global Series Summer Circuitとして大会が行われていきます!

 

このサマーサーキットの大きな変更点は各リージョンが統合されスーパーリージョンとなり

EMEA = ヨーロッパ・中東・アフリカ
Americas = 北アメリカ・南アメリカ
APAC South = 東南アジア諸国・オーストラリア・ニュージーランド
APAC North = 日本・韓国

このように変更となっています。

 

そう…今までは日本国内だけだったのが、今夏は日韓対決が公式で実現するのです!!

 

あっつ!あつすぎる!熱盛!!

失礼、テンションが上がりすぎて熱盛が出てしまいました…

 

まあこんなテンションにもなってしまうぐらいこのニュースを見たときは一気に眠気が覚め、このブログを書いているぐらいですからw

 

スクリムなどではすでに戦ってはいますが、公式大会となるとまた話は変わってくると思います。

韓国チームはどこも強豪揃いです。その韓国と競うことによって日本チームのレベルもさらに上がることでしょう。

今から楽しみで仕方がありません!!

 

ここからは現時点判明している情報を載せていきたいと思います!

 

 

Apex Legends Global Series Summer Circuit 日程

公式掲載画像によると

f:id:kobe24nike:20200528050256p:plain

スーパーリージョナル1:6月20,21日

スーパーリージョナル2:7月11,12日

スーパーリージョナル3:7月25,26日

スーパーリージョナル4:8月8,9日

最終予選:8月15,16日

レイオフ Day 1:9月12日

レイオフ Day 2:9月13日

5月28日時点でこのような日程が組まれています。

 

スーパーリージョナル進出条件

いきなり日韓ごちゃまぜで大会やるぞー!といった方式ではないようで

Twitterでこのような情報が流れてきました。

まずはこれまでのオンライントーナメント同様、各リージョンのみで予選を行い、日本は16チーム・韓国は4チームスーパーリージョナルに進出となるようです。

 

スーパーリージョナルでTOP10に入ったチームは、次のスーパーリージョナルにも参加できる感じですね。

 

レイオフ進出条件

さらにサマーサーキット最後に行われる大注目であるプレイオフにはどのようにして進出できるのでしょうか。公式ルール記載情報によると

 

・スーパーリージョナルでの1~3位に入賞したチーム

・ラストチャンス予選で1,2位に入賞する

・サマーサーキットOT4終了時点で、サマーサーキットで獲得したALGSポイントの累積合計ポイントにより進出可能(上記2つに該当するチーム以外がポイント数によって進出可否が決まります。OT4終了時の状況でプレイオフ進出可能チーム数は増減します。)

 

これらの条件を満たす20チームがプレイオフで試合を行うことになります。

さらにプレイオフ進出チームの中でも、サマーサーキットで得られたALGSポイントによりシード権が与えられ、

第1シード=10ポイント、第2シード=9ポイント…1ポイントずつ減算で、第10シード1ポイントとプレイオフを有利に進められる初期ポイントが付与されます。

 

このポイントの差はとても大きいですよね。10ポイント=10kill換算になりますのでとても大きなアドバンテージを得ることになります。

 

 さらに詳細な公式ルールをご覧になりたい方はこちらから

「エーペックスレジェンズ」 CGD – ルール

賞金配分

今まで行われていたALGSオンライントーナメントでは

1位:3,600ドル

2位:2,220ドル

3位:1,380ドル

4位:990ドル

5位:810ドル

日本ではこのような賞金配分でした。

 

本来オンライントーナメントの位置付けはALGSポイントの付与のみで、オンライントーナメントでの成績に応じてオフラインイベントのメジャーやプレミアイベントに参加でき、そこで順位に応じて賞金が付与されるものでした。

ですが、昨今の事情によりオフラインでの大規模なイベントが開催不可になったことでオンライントーナメントにも賞金が発生した形となっています。

 

サマーサーキットでは上記の配分とは異なりこのようになっています。

 

スーパーリージョナル1~4

1位:2.000ドル

2位:1,000ドル

3位:500ドル

 

レイオフ

1位:15,000ドル

2位:10,200ドル

3位:6,750ドル

4位:4,725ドル

5位:3,480ドル

6位:2,700ドル

7位:2,025ドル

8位:1,350ドル

9位:1,110ドル

10位:960ドル

11位:840ドル

12位:780ドル

13位:720ドル

14位:660ドル

15位:600ドル

16位:540ドル

17位:480ドル

18位:420ドル

19位:360ドル

20位:300ドル

 

レイオフ1位はなんと15,000ドル…!現在のレートですと日本円で約160万円…!

各リージョンの総合計は50万ドルと大規模なイベントとなっていますね!

 

参加資格

どこかのプロチームに属していないと大会に出れないのかというとそうではありません。

公式によると、6月18日時点でシリーズ4スプリット1(PC版)においてゴールドIV以上の方すべてが参加可能と表記されています。

参加登録は6月9日からとなっています。

自分たちの実力を試したい、自分が最強なんだ!というかたは下記公式サイトより参加登録してみてはいかがでしょうか?

Apexドリームがあるかもしれませんよ?

 

 ALGSポイントの振り分け

サマーサーキットの各試合においてもALGSポイントの振り分けが設定されています。

 

まずは各リージョンの決勝進出で

1位:500、2位:480、3位:470、以降10ポイントずつ減算で20位:300ポイントとなっています。

これはこれまでのオンライントーナメントと一緒ですね。

 

スーパーリージョナル進出からがポイント振り分けが異なっており

1位:750、2位:730、3位:720、以降10ポイントずつ減算で20位:550ポイントとなっています。

 

さらに最後のプレイオフでは

1位:1500、2位:1450、3位:1425、以降25ポイントずつ減算で20位:1000ポイントとなっています。

 

今までのオンライントーナメントでは最大で500ポイントの上乗せでしたがサマーサーキットではスーパーリージョナルやプレイオフ進出で大幅にポイント増加が可能になっていますので、一気にポイントランキングが入れ替わる可能性も出てきますね!

 

まとめ(2020/06/15更新)

いかがでしょうか?夏の楽しみがやってきたという感じですね!

予定が未発表だったのでこれからどうなっていくんだろうと心配していましたが、眠気も吹っ飛ぶくらいの発表でしたw

発表されたばかりで未確定要素が多いですが、いろいろわかり次第お伝えできればと思いますのでチェックしてみてください!

まだまだApexLegends楽しんでいきましょう!

 

では今回はここらへんで!

ご覧いただきありがとうございます!

Advertisement

ゲーミングじゃないPCでもApexができる「GeForce NOW」

【無料】GeForce NOWでApexをプレイしてみる
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる